我が家ののぞみさん

去年の春に保護したのぞみも無事に一才を迎え、どんどん巨大化しています 笑

当時、生後1カ月だったのぞみは片目が飛び出た状態で保護しました。あわててそのまま入院。食べる力もなかった為、強制的にチューブで胃まで流動食を流し入れながら、2カ月間の入院生活でした。
退院後にはじめて私の家に帰ってきたのぞみは、喜びすぎて一日中家の中を走り回っていたのを今でも良く覚えています。そんな姿がたまらなく愛らしく、結局我が家のニャンコとなりました。
そんなのぞみですが、今では我が家一のデブ猫となってしまいました 笑
おデブの猫ちゃんて、どこででも、すぐにゴローンとトドのように横になる習慣があります。のぞみを見ていて気付きました。猫社会ではきっと怠け者なんでしょうね 笑っ